建設業向けアプリ

えんのしたのCoji

建設工事業の会計処理を効率化し、
工事ごとの業績管理を行うことができます。

建設業向けアプリ

えんのしたのCoji

建設工事業の会計処理を効率化し、
工事ごとの業績管理を行うことができます。

建設業向けアプリ

えんのしたのCoji

建設工事業の会計処理を効率化し、
工事ごとの業績管理を行うことができます。

建設業の会計に関するよくある悩み

建設業の会計において、
このようなお悩みはありませんか?

売上の管理が大変

入金履歴だけでは工事の進捗がわからないため、「前受金」なのか「完成工事高」なのかわからないことがよくあります。
また、入金の履歴だけでは「同じ契約の工事」なのか、それとも「別契約の工事」なのか分かりません。
売上の管理が非常に煩雑になることが多いです。

工事原価の管理も大変

売上の管理よりも、工事原価の管理はもっと煩雑です。
支払の履歴だけでは完工しているのかわからないため、「費用として計上」していいのか、分からないことが多いです。
また、「共通経費」や「人件費」を工事ごとに配賦する必要がありますが、管理が煩雑になりがちです。

入金管理が大変

建設業は、業界的に入金の管理が煩雑になりやすいです。
契約金額が大きいため、「着手金」「中間金」「完工金」というように分割して入金されることがあったり、「半金半手」という方法(半分だけ手形で支払う)をとられることもあります。

通常の会計ソフトでは

原価の発生時に仕訳を入力

一般的な会計ソフトの運用フローでは、入力した仕訳がどの工事にかかるものなのかは管理せず、ただ「工事原価」や「未成工事支出金」として処理するのみの場合が多いです。

工事原価の集計に時間がかかる、間違いが多い

工事ごとの工事原価の管理は、会計ソフトとは別に「エクセルなどのツール」を使って管理しています。

この場合、会計ソフトに入力した数値を再度エクセルにも入力して、工事ごとに管理します。

工事台帳の作成に時間がかかる

完成した工事の工事原価は、「未成工事支出金」から「工事原価」に振替仕訳がされます。

このときに、エクセルなどで計算した金額を、再び会計ソフトに転記することになります。

会計と工事原価の管理が別であるがゆえに、「同じ数字の転記」が複数回発生。時間のロスや、転記ミスが発生するという問題があります。

通常の会計ソフトでは

原価の発生時に仕訳を入力

一般的な会計ソフトの運用フローでは、入力した仕訳がどの工事にかかるものなのかは管理せず、ただ「工事原価」や「未成工事支出金」として処理するのみの場合が多いです。

工事原価の集計に時間がかかる、間違いが多い

工事ごとの工事原価の管理は、会計ソフトとは別に「エクセルなどのツール」を使って管理しています。

この場合、会計ソフトに入力した数値を再度エクセルにも入力して、工事ごとに管理します。

工事台帳の作成に時間がかかる

完成した工事の工事原価は、「未成工事支出金」から「工事原価」に振替仕訳がされます。

このときに、エクセルなどで計算した金額を、再び会計ソフトに転記することになります。

会計と工事原価の管理が別であるがゆえに、「同じ数字の転記」が複数回発生。時間のロスや、転記ミスが発生するという問題があります。

建設業向けアプリ「えんのしたのCoji」で解決!

えんのしたのCojiとは、建設業のための会計支援アプリです。
freee会計と組み合わせて使うことで建設工事業の会計処理を効率化、工事ごとの業績管理を行えます。

freee会計とは ?

freee会計は、料金が手頃で、専門知識なく使うことができ、自動化機能で入力の手間を減らすことができるクラウド会計ソフトです。

建設業向けアプリ
「えんのしたのCoji」で解決!

えんのしたのCojiとは、建設業のための会計支援アプリです。
クラウド会計ソフトfreee会計と組み合わせて使うことで建設工事業の会計処理を効率化、工事ごとの業績管理を行えます。

freee会計とは ?

freee会計は、料金が手頃で、専門知識なく使うことができ、自動化機能で入力の手間を減らすことができるクラウド会計ソフトです。

「えんのしたのCoji」の3つの導入メリット

POINT1
会計処理を効率化できる

仕訳作業を短縮することで、大幅な月次業務の効率化を行えます。

アプリ側で工事原価で入力した取引を「未成工事支出金」に振替、完工したら「工事原価」に振替えることができます。

POINT2
工事ごとの利益を見える化

今まで把握できていなかった「工事案件ごとの利益」を簡単に可視化することができます。

工事ごとに「契約金額」「勘定科目ごとの予算と消化率」を確認することができます。

POINT3
決算の利益着地予想を見える化

受注案件を全て管理できるため、「決算の利益着地」が素早く把握でき、決算対策をタイムリーに講じることができます。

「前受金」や「未成工事支出金」によって予測しにくかった決算着地を、より正確に把握。

誤った決算対策を防ぐことができます。

「えんのしたのCoji」の3つの導入メリット

POINT1
会計処理を効率化できる

仕訳作業を短縮することで、大幅な月次業務の効率化を行えます。

アプリ側で工事原価で入力した取引を「未成工事支出金」に振替、完工したら「工事原価」に振替えることができます。

POINT2
工事ごとの利益を見える化

今まで把握できていなかった「工事案件ごとの利益」を簡単に可視化することができます。

工事ごとに「契約金額」「勘定科目ごとの予算と消化率」を確認することができます。

POINT3
決算の利益着地予想を見える化

受注案件を全て管理できるため、「決算の利益着地」が素早く把握でき、決算対策をタイムリーに講じることができます。

「前受金」や「未成工事支出金」によって予測しにくかった決算着地を、より正確に把握。

誤った決算対策を防ぐことができます。

会社概要

商号 株式会社Beso
代表 代表取締役 白木 淳郎
事業内容
  • 1.会計業務
  • 2.社外CFO
  • 3.freee会計導入支援
  • 4.freee会計アプリ開発・販売
  • 5.税理士向けシステム開発・販売
資本金 30,999,340円
設立 2019年9月2日
拠点
  • 本社:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-13-22 wework内
  • 東京支社:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 13階 wework内
Webサイト https://www.beso.work
建設業向けアプリ

えんのしたのCoji

無料

サービスの全体像が分かる資料を無料でご利用いただけます

建設業向けアプリ

えんのしたのCoji

無料

サービスの全体像が分かる資料を
無料でご利用いただけます